Wi-Fiとか無線とかわからない!

Wi-Fiルータとか無線LANルータとか、色々な機器の呼び方があり、こういう事に弱いとこれってどういうもの?どういう事に利用するの?とはてなマークが飛び交う事になりますが、無線通信を行う上で重要なのがWi-Fiルータです。

以前、インターネットが家庭にも普及し始めたころ、通常LANケーブルという通信専用のケーブルを利用してインターネット通信を行う有線による通信が一般的でした。インターネットが家庭で利用できるというだけでも大きなことで、ビジネスにもプライベートにもパソコンを利用したインターネット通信が一気に普及しました。この後、比較的早い時代から無線通信ができるようになったのですが、あまり家庭にもオフィスにも普及しなかったのです。

なぜ普及しなかったのかというと無線の設定が非常に複雑で難しい、業者にしかできないといわれていたからです。でも実は無線通信の設定は必要な機器があり、説明書に沿って設定を行っていけば、それほど難しい物ではありません。でもなぜうまくいかない接続できない、プロの力が必要といわれたのかというと、当時、機器同士に互換性がなかったからなのです。

無線通信を行うためには無線のルータ、親機と子機、例えばパソコンです。それらが必要となりますが、この親機と子機の互換性がないものが多かったのです。同じメーカーのものなら問題ないだろうと購入し設定してみてもつながらない、そうなんです。同じメーカーのものでもシリーズが同じじゃないと設定出来ないとか機器同士の互換性が非常に乏しい状態だったのです。

そこで誰もが設定出来る基準を作ろうという事になり、互換性があるルータですよと証明するためにWi-Fiという言葉が利用されるようになりました。つまり、Wi-Fiルータと無線LANルータは同じ機能を持ったものを指します。但し、Wi-Fiと商品の箱などに書かれている場合、互換性のある機器として認められているという事になります。

当サイトはそんなWi-Fiルータに関して様々な情報を伝えます。皆様にとって疑問を払拭したり、なるほど!と思える情報があれば幸いです。